JBA認定バリスタ焙煎する珈琲屋もるげん珈琲
 

珈琲豆の保存方法

どんなに新鮮な珈琲豆であったとしても、時間の経過と共に香りや味は変化していきます。
したがって、美味しい珈琲を飲むためにも珈琲豆の保存はとても重要になります。
こちらでは、珈琲豆の保存方法をご紹介いたします。

  密閉容器で保存する
密閉容器で保存する

珈琲の香りや味というのは、空気などにより変化してしまう事がありまので、保存方法に注意しなければ美味しい珈琲を楽しむ事ができなくなります。
そのため、珈琲豆の保存をする際には、密閉容器でしっかり保存するようにしましょう。
そうする事で、珈琲豆が空気に触れる事が少なくなり、珈琲豆の香りや味の変化を最小限に留める事ができます。現在では、珈琲豆専用の容器も販売していますので、ぜひそのような容器を活用しましょう。

  真空とは

コーヒーは酸化による味や香りの変化が多いです。
それを防ぐには「真空」がキーポイントになります。
「真空」というと空気などの物質が何も無い状態(絶対真空)の事ですが、地球上で作りだすのは実質不可能とされています。しかし、真空の状態に近づける事は可能です。
空気よりも低い圧力を持つ気体で周囲を満たす事で「真空状態」にできます。
最近ではご家庭で真空パックできる調理器具も簡単に手に入るようになりましたので、コーヒー開封後もバリスタが焙煎したばかりの香りや味を長期間留めておきやすいと思います。密閉できる容器と合わせてご活用ください。

  冷蔵庫で保存する

珈琲豆は、太陽光を熱として吸収してしまいます。
そうなってしまうと珈琲豆が傷む事になり、香りや味を楽しむ事が難しくなってしまいます。
したがって、珈琲豆の保存をする際には、直射日光を避けるようにしましょう。
おすすめの保存場所は冷蔵庫です。冷蔵庫であれば、温度が低温であるため珈琲豆が傷むのを防ぐ事ができます。

 

また、冷蔵庫の中であれば、日の光が直接当たる恐れもありません。
つまり、すぐに飲むからといって気温が高く湿度の多い場所に珈琲豆を置いておくのはいけないのです。
珈琲豆は、涼しく、日の光が当たらない冷蔵庫で保存するよう心がけましょう。

当店では、JBA認定のバリスタが焙煎した、苦くないスペシャルティ珈琲豆の販売を行っております。
バリスタが焙煎した珈琲豆は、美味しさと心地よさをお客様にご提供する珈琲豆となっております。
どうぞこの機会に、当店の様々な種類の珈琲豆で珈琲タイムをお楽しみください。