JBA認定バリスタ焙煎する珈琲屋もるげん珈琲
 

バリスタとは

エスプレッソのフォームドミルクに竹串などで絵を描くラテアートは、飲むのが惜しくなるほど可愛らしく、見ているだけでも楽しい気持ちにさせてくれます。多くの人を楽しませてくれるラテアートは、バリスタという職人によって描かれています。ここでは、意外と知らない事の多い「バリスタ」について紹介します。

  バリスタについて
バリスタについて

バリスタとは、コーヒーなどの知識を熟知し、カフェやレストランでお客様へ最高の一杯を提供するプロフェッショナルです。
バリスタが出勤してまず行うのは、エスプレッソマシンの調整です。
プロのバリスタは、お客様に最高の状態を提供するために、その日の気温や湿度などを考慮して毎日マシンの調整を行います。オーダー毎にお客様の好みに合わせて、一杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れ「最高の一杯」を提供します。

 

バリスタ=コーヒーを淹れる職人と思われがちですが、バリスタはドリンクを作るだけでなく、接客のプロでもあります。お客様一人ひとりに喜んでもらえるように、おもてなしの心でくつろぎのひとときを提供しています。

  バリスタの語原について

バリスタとは、イタリア語の「bar(バール)でサービスを提供する人(〜ista)」という意味があります。
ちなみに、英語のbartender(バーテンダー)は「bar(バー)でサービスを提供する人(tender)」という意味です。
バリスタとは同じ語原で、バリスタは「エスプレッソを入れる人」、バーテンダーは「カクテルを作る人」と分かれているのは、国によって店舗の実態が異なるためです。
イタリアのバールは日中エスプレッソなどをメインに提供し、夜にはアルコールを提供するのが一般的です。一方、日本やアメリカでのバーは夜に営業し、アルコールを提供します。それぞれの実態が異なる事から、語原は同じでも違う意味で使われているようです。

  珈琲とお酒の不思議な関係

バリスタの語源から、珈琲とお酒の間には不思議なつながりがあります。そのためか世界には珈琲+洋酒の組み合わせも多く存在します。ウィスキーやブランデー、リキュール類などコーヒーをアレンジする方法の1つとして加える飲み方は各国で定番のものもあり、アルコール度数の強い蒸留酒が用いられる傾向にあります。

・イングリッシュコーヒー=珈琲+ジン
・アイリッシュコーヒー=珈琲+アイリッシュウィスキー
・ルシアンコーヒー=珈琲+ウォッカ
・カフェロワイヤル=珈琲+ブランデー
・カフェアカプルコ=珈琲+ラム酒+レモンジュース

当店では、JBA認定のバリスタが焙煎した珈琲豆を販売しております。
バリスタ焙煎の美味しい珈琲豆を、ぜひこの機会のお試しください。